8月15日 健康福祉員会 所管事務報告


終戦の日であっても、大田区議会は例年同様に委員会があります。

本日の報告事項は、10件でした。

 

福祉部

  • 平成28年度「老人週間」に伴う行事等について

百歳以上長寿者祝金の贈呈などの行事の説明がありました。当区には満108歳の女性をはじめ大変長寿の方々が多くいらっしゃいますので今後も大変こういった行事ごとは大切になってくると考えます。

  • 認知症初期集中支援チーム行事及び認知症地域支援推進員事業について

平成27年1月に国が発表した、認知症施策推進統合(新オレンジプラン)及び平成27年度施行の改正介護保険法に基づき、以下の事業を行うこととなります。

①認知症初期集中支援チーム事業

医療介護の専門職からなるチームが、家族等の訴えなどにより認知症が疑われる人や認知症の人及びその家族を訪問し、アセスメント、家族支援などの初期の支援を包括的、集中的に行い、自立生活サポートを行う。

②認知症地域支援推進員事業

認知症の人及びその家族に対する、地域の支援者、支援機関の間の連携を図ることにより、認知症に係る医療と介護の連携強化や、地域における支援体制の構築を推進する。

  • 平成28年度 大田区認知症講演会の開催について

認知症の人とその家族が、地域で安心して暮らし続けられるよう施策の推進のため、区民の認知症への理解を深め、普及・啓発を図ることを目的として、『知っているようで知らない 認知症のこと~認知症の人とその家族を見守るために~』のテーマのもと、10月22日(土)午後1時から、大田区民プラザにて講演会を行います。

  • 「(仮称)糀谷駅前高齢者支援施設」について

民間事業者の経験やノウハウを生かし、概ね55歳以上の中高年者の社会参加、健康促進、多世代や地域交流を推進する地域の拠点とすることを目的として、表題の施設を整備します。場所は糀谷駅前地区第一種市街地再開発事業の第1街区に建設される区再開発ビル2階の公益施設部分です。

なお、運営事業者は公募プロポーザル方式により決定します。

  • 「西糀谷老いこいの家」閉館について

上記の「(仮称)糀谷駅前高齢者支援施設」と連動する形で、「西糀谷老いこいの家」の閉館を行います。

閉館予定は、来年の3月末です。

また、跡地は、併設する西四児童公園と一体化する予定です。

  • 大田区立障害者福祉施設の指定管理者の選定について

大田区立はぎなか園の指定管理機関が来年3月末に終了するため、公募プロポーザル方式で選定を行います。

  • 障害者就労施設等からの物品等の調達について
  • 障がい者総合サポートセンター二期工事概要

重度の障害にも対応できる体制の確保と、ライフステージに応じた支援体制の充実のため、本施設を工事を行います。

竣工は平成30年の予定です。

健康政策部

  • 緊急医療救護所訓練の実地について

平成27年4月1日から、大震災が発生した際、病院などの門前又は近隣の合計20か所に緊急医療救護所を開設することとし、昨年度より緊急医療救護所を開設・運営するスタッフによる訓練を実施しています。今年も各院で9月17日から断続的に行われる予定です。この訓練は私も確認をしたいと考えております。

  • 保健所メール配信サービスの拡大について

保健所では、区民一人ひとりが、生涯を通じて、健康で充実した生活を送るために、自らの健康を保持・増進するために必要な知識や情報を保健所メールとして、ホームページ、電子メールにて提供をしておりましたが、本年の9月1日から団体に限っていた電子メールによる配信サービスを個人まで拡大し配信します。


« »