5月17日 防災・安全対策特別委員会 所管事務報告


本日が当特別委員会、最後の所管事務報告でした。

報告事項は、4件のみでした。

 

総務部

  • 「熊本地震」に対する区の取組みについて

前回お伝えした通りの状況でした。

議論があったのは、募金に関してで日赤を通すべきか否か、区役所内の募金箱設置位置について位でした。

  • 防災タウンページの全戸配布について

タウンページを発行しているNTTタウンページ株式会社が「防災タウンページ」を作成して、大田区版を区内で配布することになりました。

配布時期は5月中旬より順次。昨年より都、区、会社から、ひっきりなしに防災系の冊子が届きますが、都の「東京防災」がゴミの集積場で黄色い花を咲かしたような状況の再来だけは避けたいものです。

hajime_townpage

  • 大田区合同水防訓練について

5月22日に多摩川丸子橋緑地で水防訓練を行います。同僚の消防団員も多数出席予定です。

必ず出席したいと思います。

hajime_suibou_1hajime_suibou_2

  • 浸水想定区域(多摩川)改訂について

昨年9月の鬼怒川氾濫を鑑みて、「多摩川の浸水想定」を想定し得る最大規模の降雨による浸水想定として改訂されました。

区のホームページにもアップされると思いますが、大田区の調布地区を除くすべての地域に浸水するようです。

今後はこの想定を基準に防災対策を整えていかなければなりません。


« »