1月13日 健康福祉委員会 所管事務報告


本日の委員会の報告事項は、9件。

 

福祉部

  • (仮称)区民サービス及び移動等円滑化に関するガイドライン策定の中間報告について

大田区は、「ユニバーサルデザインのまちづくり」を進めており、今回そのガイドラインの素案が上がってきました。

例えば、窓口一つとっても、聴覚障害の方、視覚障害の方それぞれ必要なサービスは異なるわけですから、全ての来訪者がストレスを感じることなく目的を達することができる理想像は難しくあります。

  • 平成28年度大田区地域福祉計画推進事業について

大田区は、表題の計画の周知、推進のため、毎年「大田区地域福祉計画推進会議」で事業の実施内容等を検討しています。

今年度は、子どもの貧困対策に関する計画とリンクし、地域で子供に寄り添う活動をテーマとして、シンポジウム及び活動団体や区民交流会を実施することとなりました。

日時 平成29年2月18日(土)13:30~17:00

場所 おおた文化の森 5階 多目的室

対象 区民、地域で福祉活動を行う団体・事業者

内容 大田区の子どもの現状と課題、区の取り組みなどの説明

    事例発表(子ども食堂、学習支援事業など)

    シンポジウム(テーマ「子どもに寄り添う地域ネットワークづくりに向けて」)

    交流会

  • 平成29年度大田区総合事業の新たな基準について

先月お伝えした事業です。

写真データを添付致しますので、ご確認いただけると幸いです。

image1

  • 介護保険業務状況(平成28年9月)について

現状の入所希望者(待機者)は、1,247人です。

  • 特設ショップの開設について

ご存知の通り、区内の障がい者福祉施設では、障がいがある人の就労支援等の一環で自主生産品の販売をしています。

今回、期間限定の特設ショップを開設します。

日時  平成29年2月10日(金) 11:00~16:00

     平成29年2月11日(土) 10:00~15:00

場所  大田区障がい者総合サポートセンター1階

内容  通常の自主生産品、バレンタインの時期に合わせた特別商品 

  • 平成28年度発達障がいシンポジウムについて

表題のシンポジウムを昨年12月4日にアプリコにて開催しました。

来場者数は350名(昨年度302名)。

  • 生活保護受給者就労意欲喚起事業委託法人の選定結果について

選定の結果 「株式会社パナソ」に決定しました。

委託結果は平成29年4月1日~平成30年3月31日です。

  • 元路上者生活者支援業務委託法人の選定結果について

選定の結果「社会福祉法人有隣協会」に決定しました。

委託結果は平成29年4月1日~平成30年3月31日です。

健康政策部

  • 平成29年度大田区食品衛生監視指導計画(案)に対する意見募集について

「食の安全・安心」を守るために表題の計画を策定します。

主な事業は、食中毒対策、広域流通食品対策、情報提供及び普及啓発についてです。

この件につき、区は皆様からのご意見を募集しますので、様々なご意見をお持ちいたします。

募集期間 平成2月1日(水)~14日(火)まで 

募集方法 郵送 145-0015 大田区大森西1-12-1 大田区保健所生活衛生課食品衛生担当 宛て

       FAX (5764)0711

       電子メール iken-shoku@city.ota.tokyo.jp

※計画(案)の公表は区ホームページ、区報(2月1日号)、区政情報コーナー、保険所生活衛生課(大森地域庁舎)


« »